Guatemala Esperanza Pacamara|single origin coffee | colon coffee roasters

1/4

Guatemala Esperanza Pacamara|single origin coffee

¥850 tax included

Shipping fee is not included. More information.

Guatemala Esperanza Pacamara
グアテマラエスペランサパカマラ

明るい酸味とまろやかな口当たりが印象的で、非常にクリーンで優秀なスペシャルティコーヒー。

■地域及び農園について
品質の高いコーヒーが多いことで有名なグアテマラ。その中でもウエウエテナンゴ地方にはその年にとれた最高のコーヒーを決める品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」の常連の農園が多く存在します。COEにて、毎年のように優勝争いを演ずるのがこのエスペランサ農園。こちらのパカマラ種はエスペランサ農園を象徴するコーヒーとなっております。

農園が位置するのは首都グアテマラシティから車で6時間。メキシコとの国境の近くに位置するウエウエテナンゴのオハ・ブランカ。周辺には、世界で有名なライバル農園「エルインヘルト」など数多くのスペシャルティコーヒー生産者がおり、まさにグアテマラ・スペシャルティコーヒーの聖地のような場所です。

エスペランサ農園は1956年、先代エレオドロ・ヴィジャトロ氏によって始まりました。当時は道も悪く、馬の背にコーヒー豆を積んで、ウエウエテナンゴ市まで何日も掛けて歩いて売りに行ったそうです。息子のアウレリオ氏は、メカニックとして働いた後に経験を活かすべく、1986年に自身が生まれたエスペランサ農園に戻ってきました。今は息子アウレリオ氏が中心になり、孫のジネルやクリスタベルも加わって、3世代でコーヒー生産に取り組まれています。

エスペランサ農園では洗浄後のパーチメントを乾燥させる前にもう一度「ピラ・デ・レモホ」と呼ばれるソーキングプールに24時間浸します。こうすることにより豆全体の水分バランスを整え、カップに非常に丸みを帯びた味を生み出すといいます。
また、ミルを囲む2つの山からの豊かな水資源、粘土質の土壌、豊富な雨量と山風など、豊かな自然の恩恵を受けながら、絶えず素晴らしいコーヒーが生産されています。

■焙煎士のコメント
「エスペランサ農園」「パカマラ」とブランド力の高いワードが2つもついたこちらの豆。パカマラ種というのは、パーカスという品種と、マラゴジッペという品種の掛け合わせで、珍しい品種で、高値で取引されます。開封したときに驚くのが豆の大きさです。よく見ると豆の粒が大きいものと小さいものが入り混じっており、それがパカマラらしい複雑なフレイバーを生み出しています。私が好きなコーヒーなので、たくさん仕入れていましたがそろそろ在庫がなくなりそうです。なくなり次第販売終了となりますので、ぜひ今のうちにご注文ください!

カッピングプロファイル:レッドアップル、オレンジ、ハニー、ラウンドマウスフィール、ロングスウィート
生産国:グアテマラ
エリア:ウエウエテナンゴ オハブランカ
農園:エスペランサ農園
標高:1500〜1800m
品種:パカマラ
生産処理:ウォッシュド(ソーキングを伴う)
生産者:アウレリオ・ヴィジャトロ

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥850 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品